シュクガワドウブツビョウイン

夙川動物病院

エリア 西宮
ジャンル 動物病院、獣医師

中医学的療法を取り入れ、病気になる前の予防を大切に考えています

インフォームドコンセントを大事にしています 診察は常に、飼い主さまも一緒に診察室に入ってもらい、どのような検査・治療を行っているのかを見ていただきます。エコー機器を診察台の横に置き、写真だけではわかりにくい部分は動画を一緒に見ながらご説明したり、鍼灸時も一緒に過ごしていただいたりしています。治療中の犬・猫にとっても飼い主さまが近くにいることは安心です。一方で甘えが出てしまい、治療の妨げとなる場合もあります。その際は外でお待ちいただくなど、個々の性格によって臨機応変に対応しています。
なお、飼い主さまに直接見ていただくのが難しい高度な処置が必要な場合は、預かって行うこともあります。できるだけ飼い主さまに治療の内容を知っていただき、その処置の理由にご納得いただけるよう努めます。

ワクチン接種でのご来院は「正常」を知る絶好のタイミングです 元気な時に来院していただくワクチン接種は、その子の「正常な状態」を知ることができる大事なタイミングだと考えています。健康診断を合わせて行い、全身の状態もチェックするのがおすすめです。「正常を知ってこそ異常がわかる」というのが当院の考えです。小さいころからワクチン接種や健康診断などを通して「正常な状態」を見させていただき、生涯にわたって飼い主さまとペットに寄り添っていく基礎を築きたいと思っています。


中医学的療法を取り入れ、病気になる前の予防や早期治療を大切に考えています 当院の診療対象は、犬、猫、うさぎ、ハムスターです。当院では病気になってから来院されるのではなく、健康なうちから病気になりにくい体づくりをすることを大切にしています。薬膳はふだんの状態をヒアリングし、カロリー計算、体の大きさや年齢、季節や体質に合った食材(体を温める、冷やす効果が期待できるものなど)を使い、オーダーメイドのレシピでお作りいたします。加えて、マッサージ・鍼灸・漢方などから、その子に必要なものを組み合わせてその時々でオーダーメイド治療を行います。
薬を飲むのが苦手な子にも対応できる漢方があります 病気の症状が増えると、それに応じて飲む薬の数も増えていきます。一方、漢方は一種類で複数の症状に対応できるのがメリットです。特にシニア犬の場合、薬の数が減ることでのワンちゃんへの負担を軽減する効果が期待できます。塗る漢方と飲む漢方があり、症状などにあわせて使い分けていますので、飲むのが苦手な子でも治療をあきらめずに済みます。
二次診療病院のご紹介もいたします 夜間救急や、当院では処置できない分野については、高度医療機関の病院と連携を取り、適切な病院へのご紹介をしています。
犬舎・猫舎は別部屋。大型犬用のケージも完備しています 当院には併設のペットホテルがあります。犬・猫はケージも部屋も別々になっているので安心してお預けください。大型犬用のケージも備えています。犬については朝晩1日2回のお散歩を実施しています。猫についても施設内を一定時間歩かせてストレスをためないよう配慮しています。また24時間WEBカメラが作動し、緊急時には近くの院長自宅より駆けつけ対応いたします。


ペットホテルご利用の方は事前診察の上ご予約が必要となります。
狂犬病(犬のみ)・混合ワクチン(犬、猫)・ノミ予防(犬・猫)をおこなっていない方はお断りさせていただきます。

ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

電話問い合わせの注意事項(必読)

お客さまのご意見・ご要望を正確に把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。 携帯電話より受付いただいた方には、ショートメッセージ(SMS)やLINEにて、受付に関する通知を送信することがあります。

営業時間

09:00〜12:00
17:00〜20:00

基本情報

定休日 日曜日, 水曜日, 祝日
住所 〒662-0951
兵庫県西宮市川西町8-18
電話番号 0066-9802-9684103
アクセスをみる

localplace体験談

  • 我が家の猫を動物病院で血液検査をした話

    我が家の猫がぐったりと元気が無かったので、心配になり動物病院へ連れて行きました。血液検査をしたところ、腎臓の数値が高かったので早期の腎臓病との診断。すぐに薬と食事療法を開始しました。その後は毎日のお薬と食事管理で少しずつ元気を取り戻しています。(40代・男性)

  • 獣医さんオススメのドックフード

    近所の動物病院の獣医さんからお勧めされたドックフードがすごくいいらしく、買ってみました。本当に結果がよかったです。皆さんも獣医さんに相談してみてください。

  • 子猫にワクチン

    先日、新しく家族になった子猫のワクチン注射のため、動物病院へ行きました。獣医さんは優しく、子猫もびっくりするほどおとなしい。注射のあとは、おやつのご褒美。ワクチンが終わり一安心です。

localplace知恵袋

  • Qフレンチブルドッグについて教えてください

    Aフレンチブルドッグは、フランス原産の小型犬種で、愛らしい見た目とコンパクトな体型が魅力的です。頭が大きくて平たく、鼻が短いのが特徴で、しっかりとした体つきと短い脚があります。性格は、明るく社交的で、人懐っこい性格です。また、運動量が少なく、お家での過ごし方にも適しています。しかし、呼吸器系統の病気を持ちやすいため、注意が必要です。飼う際には、食事管理や注意深いケアが必要となります。

  • Q犬が下痢になったら

    A犬が下痢になった場合は、以下の対応が必要です。 1. 水分補給を行う: 下痢により激しい脱水症状が起こるため、十分な水分補給が必要です。 2. 食事を控える: 下痢により腸が刺激されるため、犬にとって消化の容易な食品を与えることが大切です。牛乳や油っこい食品は与えないようにしましょう。 3. 病院に連れて行く: 下痢は原因が多岐にわたるため、症状が悪化する前に動物病院に連れていくことが重要です。獣医師が犬の状態を診断し、適切な治療を行うことができます。 4. 翌日に改善しない場合は、獣医に連絡をする: 下痢により悪化する症状もありますので、翌日にも改善しない場合は、獣医に相談してください。

  • Q猫の体温について

    A通常、猫の体温は38℃から39℃程度です。猫は体温調節能力が非常に高く、体温が1℃程度上下することもありますが、これは正常範囲内とされています。ただし、体温が大幅に上昇する熱中症や体温が下がる低体温症などの病気があるため、猫の体温を定期的に測定し、異常があれば獣医師に相談することが重要です。また、冬場の寒さに備えて、猫が暖かく過ごせる場所を用意してあげることも大切です。

周辺にある店舗